収納力の幅を広げる知識

収納空間を活用した新様式生活

収納を見直してみる

新居では使いやすい収納にしたい、そう考えて新築の配置を考慮するところでしょう。
その前に、今のご自身の環境の収納を確認してみることが大切です。
例えば、市販のボックスなどを活用して収納しているのか、何を多く収納しているのか、どこに収納力があると使いやすさを感じるのか。
こうした現状を把握することで、自分にとって利便性の高い収納が何か、見えてくることがあります。
手の届く位置に収納している場合、奥に収納してしまうと使いづらさを感じてしまう可能性があるのです。
この場合には隠す収納よりもオシャレなボックスを重ねて置く等のあえて見せる収納の方が使いやすさを感じます。
またリビング、キッチン、玄関などどこに収納が近いと使いやすさを感じるか、動線の面でも考えてみましょう。

収納力を楽しむと利便性も上がる

収納は楽しむことで、その利便性をより感じることが出来ます。
収納というとモノを収めると考えるかもしれませんが、それだけではありません。
使いやすいようにすると考えると、どこにあれば使いやすいかを考えることでしょう。そこから収納力を感じることもあるものです。
一番よい例として、掃除機の収納を考えてみましょう。
毎日使うもの、そして家じゅうで使うものです。
ですが、来客の際やお部屋でくつろいでいる際に掃除機が見えるところにあると落ち着きませんね。
とはいえ、奥にしまい込むと使う時に面倒です。
どこにあれば使いやすいか、それでいて収納しやすいのか、利便性を考えて置き場所を設置できることでより使いやすい収納力にたどり着くことが出来ます。


この記事をシェアする