収納力の幅を広げる知識

収納力は暮らしやすさにつながる

配置場所を明確にする

冷蔵庫や炊飯器などの白物家電だけでなく、ジューサーミキサーやトースターなど、調理家電を多く配置したい反面、調理スペースは広く確保したい。
そのうえで収納は広く設けたい等、キッチン周りの収納力は動線も配慮しつつ検討すべき案件が多い箇所です。
そんなキッチン周りの収納力のポイントは、何をどこに配置するのかということ。
鍋やホットプレートは大体この辺り等と漠然と決めてしまうと、失敗することもあるものです。
保有する鍋の数、サイズを把握せず、大体の数で収納スペースを決めてしまっても同様。
新築で収納力に成功している人の多くは、具体的にどこに何を配置するかを計画し、数や寸法を合わせて収納スペースを確保しています。
漠然と決めるよりも、置き場所が明確な分、収納力を感じるということです。

用途が変化することも考慮して

キッチンは家族の環境に合わせて変化するスペースであることも忘れてはいけません。
例えば。お子さんが小さなうちは、お弁当を準備する機会も多いもの。
弁当作りに必要なアイテム、弁当箱の類を収納するスペースは欲しくなるものですが、いつまでも弁当作りが続くわけではありません。
弁当箱やアイテムの為だけに収納を考慮するのではなく、その後に収納アイテムが変化した時にも対応可能な収納にできるよう対応力をつけておくことも大切。
シンク下の収納は幅を変化させられるものや、仕切りを変えられるものにしておく等、変化に対応できるような仕組みづくりも重要です。
またパントリーでも、天板の高さを変化できるような仕組みにしておけば、食品収納の種類の幅を広げることも出来ます。


この記事をシェアする